杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

果実の音・3
艶やかだった椿の果実も色を失い
何時しか気づかぬうちに
パシパシリと弾けては
黒い種子を地表に落とす。
015_2017100908550175d.jpg
子供の頃に、この種子の成り口を
コンクリートなどで削り、脂っこい中身を取り出して
ぴいぴい笛など作ったのを思い出している。
001_20171009085638e64.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
果実の音・2
緑の果実が茶色くなり始めたころに
自然落下する胡桃が
車の屋根にポコン、ポコリンと
音を立てて落ちかかる。
016_20171009084239c33.jpg
そんな果実を拾い集め
暫く置していると干からびて
簡単に中身が取り出せる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
果実の音
とん
朝露宿す芝草に落ちる
果実の音を頼りに
目を追えば

橡の実ころろ
004_2017093008532990e.jpg
まだこの木は20年足らずの若い樹だから
収穫といえる程の稔りも無いが
005_20170930085335425.jpg
小さく未熟な
橡の実ふたつ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
屁糞蔓
ヘクソカズラなんて、ひどい名前があったものだ。
何時もこの花に出逢う度に思うのだが
漢字で表すと「屁糞蔓」なのである。
何処のどなたの命名なのか「屁」と「糞」の
二段構えで誠に気の毒な名前である。
009_2017092108440862a.jpg
屁糞蔓【へくそかずら】
確かに茎を引き千切ったりすると不快に臭うけれども
屁糞程でもないと思うのだが「匂う」というのでもなし
臭いことは臭い・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
彼岸花咲く日に
台風一過
彼岸峠の正面から朝日が昇り
堀切の坂道を見上げれば
青い空が一直線に続く。
005_20170918093227c28.jpg
彼岸花も雨露の重みで
首を傾げる程度で

台風の被害もなく。
001_20170918093254930.jpg
昨日ご来店予定だったお客様から
お問い合わせの電話。

002_20170918093305cc0.jpg
9月16日
本日は「敬老の日」
祭日につき開店中

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数