FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

犀さんが会わないよと言っています。
『グラムハウスの値段はこれで合うのですか?』
と尋ねられることがり、自分でもどうなのだろうと
考えることはあるのですが、手間がかかったものが
必ずしも良いものとか、美しいものだとは限らず
お客様の感じる心が一番で
、そんな感性を学び
共有できる大切な仕事のひとつだと考え

『工芸品は好いけど、お高いから。』の垣根を外し
グラムハウスは財布の底に眠っている一枚の硬貨でも
購入できるような小さな夢のカタチなのです。

003_2018110910162845b.jpg
新しい作品を生み出すのは楽しいのですが
価格を決めるのがとっても難しくて

何時も頼みの犀さんに尋ねていのですけれど
今度のグラムハウス儲伽藍については
なかなか価格の折り合いがつかず
犀さんに『会わないよ。』と
背中を向けられてしまいました。

「犀さん、会わない気持ちはわかるけれど
ね、ね。今回迄限定で。」
そんなこんなのやり取りで採算を無視して
価格が決まることもあるのです。
犀さんが会わないよ。と背中を向けながらも
『少しでも多くの人に夢を分けてあげたいんだから
大人買いしないようにね。』と言っております。
杜の舟展示室、本日11月9日金曜日開店
グラムハウス儲伽藍、並びました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
3748.      2018/11/10 17:47 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
3747.      2018/11/10 17:08 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
3746. morinofune   URL  2018/11/10 14:50 [ 編集 ]
畠山さん、ちゃ~んと隠していますよ。
3745.      2018/11/10 12:14 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
3744. morinofune   URL  2018/11/10 11:47 [ 編集 ]
麻生さん、もう既に大人買いが横行しております故
品の良さそうなのを10個ばかり隠しておきます。
3743.      2018/11/09 22:54 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数