FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

空からの贈り物・39
空からの贈り物・39
嘴太烏の風切羽

秋の散策は忙しい。彼岸峠を下ったあたりに栗の巨木があり
毎朝その収穫に追われ多い日には1㎏を越す収穫になる。
ちょっと出遅れると車に轢かれてペッチャンコになってたり
他の小動物に曳かれて取り損なってしまう。
そんな手も心も塞がっている時に烏の羽など見つけても
「ふふん、また烏か・・・」と思ってしまうのである。
嘴太烏の羽なんて何時だって見ることができるし
前回もこれと同じ右翼風切だったのだけれど
羽が黒いと言うだけで嫌うのも何だか気の毒だ。
駄犬の引綱と栗の袋で手が塞がっているから
帽子の横っちょに差して、ふりふりと持ち帰る。
008_20180919100555dc3.jpg
嘴太烏右翼次列風切羽
【はしぶとがらすうよくじれつかざきりばね】

羽翅全長 210㎜ 翅幅 55㎜

次列風切羽は先端が窪んだように平たいのが特徴で
前回と同じ風切羽だけれど一回り大きい。
「ああ、空の神様。たまには稀有な羽をお贈りください・・・」
**************************

空からの贈り物・Ⅰ空からの贈り物▸空からの贈り物・40
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数
フリーエリア

カテゴリ