FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

ざい運や如何に・・・
前回、青森から仕入れたヒバ材は木目が荒すぎて
半数以上は入れ替えて頂いたのだけれど
どうしても納得がいかず今度は奈良から仕入れた。
002_2018012415273391b.jpg
三寸に80輪越えの杢は期待通りで良いのだけれど
「ああ、残念。乾燥がいまいち。」
まだまだ芳香が
、冷んやり青く尖っているから
「淡雪が
春の陽光に溶けるが如き暖かき香り」になるまで
今しばらく工房の隅で眠らせて置くしかない。
明日、千葉から届く予定の材が最後の頼りである

またもや、材運が巡ってこない何て事のないように
既に材料代に大枚が飛び去り、財運も危機に迫っている。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

雛を手掛けて、どれくらいになるのだろう
004_2018012416200651b.jpg
遠い昔に書いた「待ちくたびれた雛たち
1998年発行
繰ってみればその15年前からやっていたらしいから
へえ、いつの間にか35年である。

ところで、この挿絵の自画像は
髪も髭も黒々としているぢゃあないか。
やっていることは、その頃とちっとも
変っちゃあ居ないんだけれどね・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数