FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

ナルニハ物語
ナルニハ物語
第一単元 木工細工編

『ナルニハ・・・』
よくそんな言葉を投げかけられる。
『木工作家になるには。』と問われれば
「やれば良いじゃないですか。始めた時点で
既に立派な木工作家なのだから。」
まあ、立派かどうかは別として「やりたい!」と
いくら思っていても、それは只の妄想
やるかやらないか、在るか無いか、これが全てである。
売れる売れない、食える食えないは
このヤルがあってから直面すれば良いことである。
「やれるか、やれないか。」
これはリスクの数値化により
今、自分が抱えられるリスクを把握し
コケても死なない程度の保証を立てれば良いだけのことである。
003_20180120180143372.jpg
設備投資も場所もない、もちろん金もない。
あるのは唯々、悶々と過行く時間と夢のみならば
004_2018012018014937f.jpg
そこいらに転がっている、板っ切れ一枚切り抜いて

小学生時代に培った彫刻刀技量でチマチマ、チマチマ
ホームセンターで買ったサンドペーパーでチマチマ、テマテマ
最後に胡桃の実を潰したオイルで磨き上げれば出来上がり。
物置や車庫がなければ、部屋の隅っこや、ベランダ
廊下の突き当りでも、誰だって出来ることである。
「ナルニハ物語」
ヤルカヤラナイカの呪縛を解くのは
その一歩なのです。
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿NARUNIHAMONOGATARI✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
木工細工◀ナルニハ物語第二単元・切り絵編

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数