FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

納期なき戦い
今年も西南女学院からのシゴトを引き受け
昨年に続き、西日本工業大からのシゴトも舞い込んで来た
これが厄介なモノで、西南のA氏と西工大のN氏との共同研究で
昨年までに提案していた自助具のCOCUNシリーズに
衛生面を考慮し、シリコンコーティングしたいとの依頼で
その骨格にするために、薄く細くして欲しいというのである。
006_20180112112000b98.jpg
『従来のものでは衛生面に不安がある。』と言われるなら
ウレタン塗装やポリエステル塗装、漆塗装、UV塗装など
既成の器も含めて、木製食器の大半がその対象になる。
個人的な見解ながら
可塑性シリコンから僅かながらも
滲み出る滲出物や経年変化による黄変の要因、着色顔料など
気になるところもあり「安全」の仕分け方に不安は残る。

シリコンコーティングが剥げればウレタン塗装の経年摩滅と
同じく木地部分が暴露され「不衛生」ということになる。
いっそ、それならこれをモデリングして3Dプリンタで
シリコン成型してしまえば良いと思うのだけれども・・・
005_20180112112006a04.jpg
そうボヤキながらも早々に取り掛かってはいるのだけれど
「便利・安全」という言葉が、
無機質なものを生み出し
ファジーなものへの、
美意や愛着心を遠ざけて
「生きる」意味を見失わせて仕舞いはしないか
何も「自然素材が良い。」と言うのではないが
九十五の母が愛着を持って使い続けている
剥げちょびれたスプーンやお箸を見ながら思うのであるが
これらの葛藤の中で、残るものは残るだろうし
消えるものは消えてゆくだろう。
このご依頼については例年通りに納期がないので
心の部分までは深く掘り下げずに手を動かしている。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数