FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

器が小さい
「器は作りません。」
随分以前には器も作ってはいたのだけれど
そのころ、某器作家氏から冗談交じりに
『人の領域まで手を出されると死活問題になります。』と
言われたことがある。なに
、杜の舟の仕事なんて
不可侵条約を結ぶほど大した量も技量もないのだから
その冗談を真に受けて手を止める程のこともなかったのだけれど
まだ青かったのもありポイと器の製作を投げてしまっていた。
この数年、器のご依頼が続き「器は作りません。」と
断り続けてはいたけれど、
他にやらなければならない事や
やってみたいことも沢山あり、それ以上手を広げていたら
どれもこれも中途半端になってしまう。
003_2018011210120029a.jpg
器の小さい杜の舟は、ふらりと誘惑に負けて
小さな器を削ってみた。
004_20180112101205aad.jpg
やっぱり我慢するのもストレスである。
木の塊が次第に形を成して見え始めると
ふふふふ~ん。と心が笑い、モヤモヤが
霧のように消えるのが解るのである。

すっかり鈍っている腕を鍛えて積年のご注文
「ヤーンボウル」や「コロン盃」「パンザラ」など
作る時間が出来ると良いのだけれど・・・
002_201801121014156e2.jpg
どうせ、きょう一日は雪の中
「少し木材や工具など買い足して
器製作の準備でもしてみようか。」と
20年余りの呪縛の紐が解け始めている。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数