杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

シンプルなマドラーを
『シンプルなマドラーを。』
大阪のYさんからそんなご依頼があり
「造作もないことだ。」と引き受けたけれど
実際に試作し始めたら
テンションの上がらないこと上がらないこと・・・
001_201708071403569be.jpg
マドラーなんてのは比重の軽い材を使用すると
氷山みたいに、ぷっかり浮いてしまうから具合が悪い
だから全体の四、五割水面下にあっても浮かないように
比重が0.6以上ありそうな材を選ぶか
頭でっかちの
造形で大気側重量を稼ぐかであるが
シンプルな形なら材比重を
選ぶしかないけれど
「これじゃあ、ただの棒っ切れだ・・・・。」002_20170807140402829.jpg
左から 山桜 樫 ブビンガ
誤魔化しに杜の舟のロゴを入れてみたら
ちょっとだけ格好が良くなったようだが
これで御代を頂くレベルでもなかろう。
003_201708071404090a7.jpg
それで、つい遊び始めるのだが
Yさんのご要望から、どんどん離れていくような・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数