杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

南国奇譚4・半世紀の彼方から
南国奇譚・4
半世紀の彼方から

展示会最終日の片づけを終えて
都城駅のそばにあるスーパーに夕食の買い出し。
明日は早くに立つ予定だから今夜のうちに
土産物など買っておこうと地元菓子など物色していた時に
何とはなしのひとつの和菓子に目が留まったとたん
半世紀ばかり持っていた記憶の謎が一気に解消し
亡き父への懐かしさと幸福感のようなものが胸を満たした。

004_20170627230455531.jpg
たぶん小学校の低学年の頃であったろう
クリスマスのプレゼントに、寄りによってサンタクロースは
鶯餅なぞを枕元に置いて帰るのである。
しかもそれは、まろまろの普通の形ではなく
中高く摘み上げたような妙な按配に歪になっていた。
003_20170627230447e75.jpg
そいつが大よそ半世紀余り経って目の前に現れたのである
勢ぞろいして整然と収まっているシールには
弥五郎の里「花つまみ」とある。

父の郷である山之口の伝説では弥五郎は大男で
村に困ったことがあれば何時でも手助けをして
有難がられてはいたけれど
時として悪戯をして村人を困らせることもあり
そんな時には『弥五郎どんの鼻つまみ。』と囃し立てた聞いた。
弥五郎は団子っ鼻であったから、それを模して
饅頭や団子をつまみ上げた田舎菓子が生まれたのであろう。
父は終戦で抑留先のロシアから引き揚げて来たときに
一度だけ宮崎県の山之口に戻ったが帰る家も身寄りもなく
戦後復興に沸く筑豊の炭鉱で働くことになり
二度と帰ることもないままに他界してしまったが
クリスマスプレゼントの鶯餅を子供のころの記憶の懐かしさに
ついつい、つまみあげて見たくなったのであろう。
もう父が亡くなって45年になるが「弥五郎どんの鼻つまみ」に
出会ったお陰で若くお道化た父を近くに感じ
『じゃっど、やっと解いよったか、そら弥五郎の団子っ鼻じゃ。』と
半世紀の彼方から、声が聞こえたような気がした。
♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨NANGOKUKITAN♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨
湯場童南国奇譚▶5

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数