杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

父の日に・4
数年ぶりに父の日に合わせて製作した
天磐奇舟(あまのいわくすふね)
難しい名を宛ててしまったと
ちょっとばかり後悔しなくもないが
006_20170602132510139.jpg
ペントレーだとか、眼鏡入れなどと
身近な用途を冠してしまうと
発想が停滞してしまいそうだから
イザナギとザナミが蛭子を乗せて流したと云う
天の磐樟船から有難く無断拝借したものである。
だからアクセサリーやオードブル、果てはおしぼりなど
何を乗っけても良いのであると
しっかり心をのせて
製作している。
007_20170602132517e8f.jpg
しかし今回は「奇舟」とうたいながら奇態な材は使わずに
カランタス(洋栴檀)・メープル・ウオルナット・欅で制作。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

実を言うと誠に奇しき材
黄金色に輝く櫨の芯材に黒縞の立つ
逸品があるのである。

013_20170602134923417.jpg
櫨虎天磐奇舟(はぜとらあまのいわくすふね)
しかし、手放すのは勿体ないから

これは自分用にする。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数