杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

広告の猫絵
『陶芸体験の広告に何時も同じ写真を使っていると
目を惹かなくなるので写真の代わりに猫絵を描いてくれ。』
との御依頼を頂いた猫絵だって同じことで
二回も使い回したら陳腐なものになる。
012_201703291657083bd.jpg 011_20170329165703c09.jpg 010_20170329165658137.jpg
そんなだから前回の猫絵シリーズに引き続き
蒼林窯の広告用猫挿絵を頼まれていたが
昼は御来客が続き、まとまった時間が取れないし
夜は眠くなって筆が、あらぬ方向に走る。
008_20170508132457310.jpg
大連休が終わっての第一日目
積もりに積もった雑用を片っ端からやっつけて猫絵。
~絵付け体験~
010_201705081325381cd.jpg
~手びねり体験~
だけど、手びねりの可塑感が無い
ので、もう一つ描いてみる。
003_20170508132531921.jpg
~手びねり体験~
002_20170508132640066.jpg
~ロクロ体験~
006_201705081344193a2.jpg
しかしこれらも、使い回していると直ぐに鮮度がなくなるから
少しストックをして置かなきゃあと
適当にでっち上げて描いてみる。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数