杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

6・鍼をやろう
あれだけ電気治療を怖がっていたのに
段々慣れてくると
我儘なもので
電気だけでは生温い、と思うようになり
「もっと過激な治療はないか。」と聞いてみた。
003_20170411120843d51.jpg
『ふふん、じゃあ鍼をやるか。』
「針ですか・・・」
言っては見たが、注射も嫌だが針はもっといけない
「いえ・・・針は」

『針じゃあない、鍼だ。』
針も鍼もおんなじこった
身体中に針を突き立てられちゃあ堪らない。
『はい、じゃあ明日からね。』
「はあ・・・」と力なく応えたけれど
「明日」ではなく「明日から」の含みは何だ?
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡HONEYMOONSYNDROME♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
1・猫の手ハネムーン症候群7・針山の気持ち

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数