杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

ユニバーサルなカタチ・4「美しい箸」
ユニバーサルなお箸の構想から逸脱気味のグリップタイプも
今回「猫の手対応型」には行き着かなかったが
美しい箸を作りたいとの妄想も捨てがたく
今後の提案のために形には残すことにした。
010_20170315155149d76.jpg
仕上げ塗装までやると異様さを醸している
グリップタイプのお箸。
013_20170315155454b47.jpg
昨年より保持性を上げた箸だけれど
力点が中心線より下方にあるため
拘縮、筋委縮の度合いにより、つるりと擦り抜けてしまう。
今回の猫の手状態では保持性が低いことが判明。
014_20170315161006b00.jpg

力点を箸の正中にした「アーモンド形」
なかなかいい感じで持ち方によっては
猫の手でも何とか使えるが握力が極度に弱いと
まだ不安定なので次の一手。

015_20170315161158ea6.jpg
「偏アーモンド形」では人差し指を上から引っかけるようにして
箸の中心部から指が逃げないようにしてみたら保持が安定し
指位置が箸先寄りになって軽い握力操作で箸の開閉ができる。
016_201703151620597a1.jpg
しかし、個人的な好みからするとアーモンド形が美しい~。

******************
universaldesign***************

箸をつくるユニバーサルなカタチ▶5・へ続く

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数