杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

花嫌い
昨年、菜の花や水仙のつぼみが膨らむ頃に
根こそぎ引き抜かれたり薙ぎ払われたりして
最初は猪の仕業だと思い頭を悩ませていたのだけれど
猪にしては執拗なまでの花嫌いに
人間仕業ではないかと。
「花を荒らさないで」の立て看板を立ててみたら
それまで引き抜かれて藪の中に放り込まれてしまった。
幾ら器用な猪でも字は読まぬだろうと、また立て直して
攻防をするうちに、春を過ぎた頃には納まっていた。
しかし今年も春とともに頭の中に蟲でもわきはじめたのだろう
ことごとく花の蕾を薙ぎ払い打ち払い、困ったビョ~キがあったものだ。
004_20170312085258232.jpg
朝一番に立て看板を作り足す。
実はこのビョ~キの人物は特定されているのだが
現場を押さえたわけではないのと、この警告で
止めてくれさえすればいいと皆が願っているからである。
005_20170312085305a26.jpg
60代後半の男性でスポーツウエアで身を包み
何時も細い鞭のような棒を持っていて、遠目にそれを
振り回しているのを目撃した住民は多いのである。
当初は散歩ですれ違う時に挨拶をしていたのだが
何度会っても挨拶を返されないのも近隣住民も同じらしい。
002_201703120902131c4.jpg
木立の陰に難を逃れた水仙が咲いているが
これも何時災難に会うかわからない。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数