杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

春なのに
西南女学院の納品を17日延ばしてはみたが
はたしてそれ迄に間に合うかどうか。
いくら悩んでみてもやってみなければ分からないし
無理をすると、また手首の麻痺がぶり返すかも知れない。
焦っても仕方がないから風のガーデンを散策
005_2017031000192585b.jpg
一昨日は忘れ雪にしては霙から霰、雪と激しい降りであったが
やっぱりこうして馬酔木(あせび)の花を見ると季節は春である。
006_201703100022027a2.jpg
数日足を延ばさないうちに蕗の薹が花を開きはじめ
007_2017031000240627a.jpg
それを見るとまた、背中を押された気分になり
足が工房を向いてしまう。
:::
昨夜、弟君から『うちへ遊びに来ませんか。』と誘いがあった
多分、手首の炎症で作業も出来ずに落ち込んで
時間を持て余しているだろうからとの心遣いであろうが
17日までの納期は、どうあっても間に合わせたい仕事で
気持ちだけは暢気に落ち込んでいる暇もないところである。
弟君の心遣いを無にする申し訳なさもあるが
今、酒でも頂こうものなら、宴席も愚痴り倒されて
折角の美酒もだいなしであろうから
健全なる心身の時に、あらためてお呼びいただこう。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数