杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

椿花控帖129・寂光
毎年霜に妬かれて茶色くなってしまうから
写真にうまく納まってくれない色白美人である。
気温の高い日が数日続いたところで
まだ開かない蕾を展示室で開花待ち。
008_20170301001135d6c.jpg

寂光【じゃっこう】
霜に妬かれる程の別嬪さんなのに
名を知っての先入観からか

寂しげに見えるのは何故だろう。
❁Chinkahikaetyoh
①炉開き椿花控帖
130・岩根絞り
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数