杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

三種の木守6・たまゆらない
西日本工業大のN教授からの提案である三種の木守の中から
音玉入りのたまご「たまのこ」は目途がついたので
次は起き上がり
小法師「たまゆら」とり掛かるのだが
手持ちの無患子
を「たまのこ」に全部使い切ってしまったので
無患子の入荷待ち・・・
002_2017021418365124a.jpg

220個入荷したので早速取り掛かる。
001_20170214183820381.jpg
御要望に近いものを作ってみたが
ゆらゆら起き上がり小法師のようにはいかない。
002_2017021418382818d.jpg
たぶん上部を空っぽにしても無理なのは
「たまのこ」の時にも経験している。
004_20170214183841f8a.jpg
マラカスのように上を細くしてみたけれどやっぱりコケる。
N教授はこのクビレが気に入っているようだから
何とか形に残したいのだがくびれを作れば
当然頭部が大きくなり重心が上がる。

***************SANSYNOKIMAMORI**************
お守りのような三種の木守7・
たまゆらの続き
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数