杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

三種の木守1・お守りのような
最近、脳みそを使わず体力と時間勝負のような作業が続き
「味噌がネマる」ような気分になっていたから
面倒臭い針山の試作に逃げ込んでいたら
西日本工業大学デザイン学科の
N教授からの妙に興味をそそるお話しが来る。
004_201702080111474fc.jpg
『掌に納まる、
お守りのようなものを3つ程・・・。』
3Dプルンタで試作されたものは造形的には
どんな
難度の物も形には出来るが、何だか肌感が無い。
デザインを決める前にまずはコンセプトを定め
対象者の心を読むことから始める。
ああだ、こうだと数時間しゃべっているうちに
頭の中に3次元画像が生まれ始めたから
引き受けることにした。
002_2017020801284840b.jpg
「三種の木守(さんしゅのきまもり)」
ネーミング即ちコンセプトの根源だと思っているから
先ず名前を決めてから造形を導き出す。
たまゆら

起き上がり小法師のようなもの
たまのこ
たまご型
で中に音玉を入れる
掬び(むすび)
西欧の銀のスプーンのようなもの
後はとにかく、他の急ぐ仕事をしながら
この3つの言葉を熟成させ
脳みそに四次元投影され始めたら取り掛かる。

その前に西南女学院のCOCUNシリーズの
進化バージョンも考えなきゃあならないんだけれど・・・
ああ、時間が欲しいね。
*****************SANSYNOKIMAMORI****************
お守りのような◀三種の木守たまのこ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へにほんブログ村 写真ブログへ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数