杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

チェリーなんて
チェリー、主に北米産の材で日本の桜とよく似ている
アメリカンブラックチェリーのことを云うが
これには桜にはない欠点がある。
欠点といっても人間の都合だけの話しで
チェリーからすればそんな言い方をされるのは
甚だ迷惑なことであろう。

チェリーなんて可愛い名前で呼ばれているくせに
案外、腹黒いところがあって材には小さな黒い斑点や筋状の
物が現れ
木肌は緻密で表面の仕上がりは美しいばかりに
それが著しく美観を損なうことになる。
心材は桜と同じに耐久性があるが、表皮に近い辺材は虫害に弱く
その虫害痕がそれである。
これは木の表面に染み出た樹液や、それに集まった昆虫が
樹液を吸うために付けたキズ跡を、樹木が成長過程の中
表皮で巻き込み自己再生してきた痕跡でもある。

この黒い筋や斑点を「ガムポケット」と呼び
「ガム」「ガミ」「脂筋」「かすれ」などとも云われている。
001_20170208003314e27.jpg
『これら全てが木の表情であり自然素材の証しです。』と
材料屋さんに言われてもこれでは困る。
今回5個削ったら全部この始末・・・
「幾ら値段が上がっても良いから最良の材を持って来て。」と
言っても、それが二倍三倍になっては困る
しかし削ったものすべてが不良品になるのも困る。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数