杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

針山の台、愛媛へ
新しい材料が入荷したので早速、削ってみた。
特にチェリー材やメープル材が底を突き
残り物の端材から加工していては
なかなか木肌の美しい物が少なくなっていたから
新しい材で磨きあげた時は気分が良い。
001_2017012601492469d.jpg
松山市のKさんへ
ウオルナット  チェリー  メープル
Kさんは、こぎん刺し針山を販売されているそうで
針山の台の部分について「杜の舟謹製」の
表示の可否について訊ねられたけれど
001_2017012601571139b.jpg
絵描きさんが額を購入するのと同じことで
何の気兼ねもないものである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数