杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

椿花控帖125・藪椿
小雨は降っているけれど
久し振りに風のガーデンを散策
やっぱり、在野杜人としては
これをやらないと落ち着かないのである。
004_2017010910074841a.jpg
藪椿【やぶつばき】
この数日は寒が弛んでいるから
花弁が妬かれず奇麗に開花している。
この個体は額が華奢つくりで
特に花弁の展開が大きくひらいているようだ。
❁Chinkahikaetyoh

①炉開き椿花控帖126・紅一休
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

謎の訪問者・・・?
10時前に、初めて御来訪の男性から
宛て名のない春の夢ひらきの案内状を出されて
『これを持って行けば鳥が貰える』と言うのである。
見れば裏書きに知り辺の名が書かれているから
多分、酒の席ででも勢いで書かれたものであろう。
知り辺、本人からの電話も頂いていないから
鳥をお渡ししていいのやらどうやら
結局連絡がつかないから、また改めて。

杜の舟の今年のスタートは
そんなところから始まりました・・・。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数