杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

熱海浮木を大きく
2週間ほど前、角島のMさんから、また電話があり
寸法変更のため、熱海浮木の見本が送られてきた。
代金は既に振り込まれ、何だか借りがあるようでいけない
その借りに背中を押される気分でこの数日を過ごしていた。
004_20161031171002f3a.jpg
寸法変更とか改良と言いながらも
簡単にいえば『一回り大きくしてください。』とのことである。
だから今まで備蓄していた材は寸法が足りなくなり
使えないので
、桧の木70㎜乾燥材を手配しておいた。
005_201610311710341cd.jpg
きょう70㎜角に製材した桧材が届いたので
何もかも放っておいて早々に取り掛かる。
まずは重量調整のための穴を
11㎜径で55㎜の深さに開け
006_201610311712343ef.jpg
その穴にセンターインサートをセットして
007_20161031171242a8c.jpg
ばりばりがががあっと粗取り
008_20161031171250bb6.jpg
ししし~んと整形
009_20161031171539912.jpg
ありゃま。重たい・・・・
理想体重は
82g~85gなのだそうだ。
削ってみなきゃあ解らないが、こうして加工してしまうと
削り直しも出来ないから、あとは未熟な経験と勘に頼るしかない。
010_20161031172252c9d.jpg
2個目はぴったり許容範囲圏の87gかな・・・
直径60~62mmにして、あとは従来通り
高さ86~90mm 口部直径30+0.5mm
口部帯幅10+0・5mm 内穴直径11mm 深さ55mm

011_201610311728381a1.jpg
87g・
86g・86g・88g・85gで
ほぼ広域許容範囲としよう。
012_201610311728456de.jpg
最初に加工したのも含めて2個は小節が出てきたので
浮木としてはバランスが悪いかもしれないから
試して貰いがてら余分に発送することにした。

♓♓♓♓♓♓♓♓♓♓ATAMIUKI♓♓♓♓♓♓♓♓♓♓
熱海浮木熱海浮木浮木のお話し
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数