杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

蔓人参・2
先日彼岸峠を散策していて初めて野生の蔓人参に出逢う。
ツル性の多年草で
林縁などに長さ3mほどに絡みつき
釣鐘型の花をつけ、花径は4cm程で、外側は淡黄緑色
内面は濃紅紫色を帯び、花冠の先は桔梗のように5裂すると
文献には記されているが、今朝新たに見つけた個体は
林縁の雑木に5メートル程絡み上がっていた。
002_20160922095116122.jpg
蔓人参
【つるにんじん】

002_20160925095006cae.jpg
先日見つけた花とは随分色合いが違う
003_20160925095024fbd.jpg
個体ごと差異が大きいようなので
3株分それぞれに比較をしてみた。
005_2016092509503979c.jpg
花径は4㎝程はあるから、けっして小さい花ではないが
下向きに咲くから仰ぎ見て初めて気づく
栗拾いとかムカゴ拾いに夢中になって
下ばかり見ていては出逢えない花である。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数