杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

久々の熱海浮木
山口県角島のMさんから久々の電話があり
またもや熱海浮木のご注文を頂いた。
もうすっかり熱海浮木の御常連になって
お会いしたことはないのだけれど
『こんにちは。』の一声でMさんだと解る。
010_2016092020054109a.jpg

また今回も送料までも多めに加算して
先に代金を振り込まれ、見本も手元に届いたので
さっそく背中を押される気分で、取り掛かることにした。
011_201609202005479d4.jpg
直径57~60mm 高さ86~90mm
口部直径30+0.5mm 口部帯幅10+0.5mm
内穴直径11mm 深さ55mm
重量は82g~85gが理想だそうだけれど
それぞれの材の密度によって幅があるから難しい。
012_20160920200611173.jpg
5個の注文だったけれど
、失敗するといけないから
7個作ったら全部上手くいってしまった。
残しておいても仕方がないから仕上げたら全部送る予定。
014_201609202142061f1.jpg
うむむ、少しばかり足りない。
理想重量82g~85gだそうだが76g~80gしかない
今回の桧材は年輪間隔が広く冬目数が少ない分だけ
重量が軽くなったようである。

削ってみなければ判らないから難しいね・・・
0002×5・・・(0052)
♓♓♓♓♓♓♓♓♓♓ATAMIUKI♓♓♓♓♓♓♓♓♓♓
熱海浮木熱海浮木熱海浮木を大きく
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数