杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

またも花のないお仕事
秋になると工芸家諸氏も、展示会に向けての
新作
に頭を悩ませ、色々なご依頼がやってくる。
005_20160916232843faa.jpg
Tさんからのご依頼で「花の茎」を試作しているところに
Mさんが御来訪され、またもや花のない仕事で
「花の茎の先を大きく平たくしてください。」と言われたが
ちょっと難度が高く予算内では収まりそうにないので
まずは工数を割り出すために試作をしてみた。


006_20160916230154f45.jpg
う~ん、由々しき問題である。
前回の「花と茎」に比べ2倍以上、手間が掛かってしまった。
『布花をくっ付けたいので萼の部分が欲しい。ブローチのピンは
茎の裏側にネジ留めでオイル仕上げまで。』と難儀な要望も多い。
「ここまでやるなら、いっそ花も木で彫ってしまえば
杜の舟の新作になるじゃないか。」と思わないでもないが
そこまでは手が回らないから、花のない仕事で押し留まっている。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数