杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

重陽の節句
昨日、9月9日は五節句のひとつ
重陽(ちょうよう)の節句

この時期、早朝の散策は楽しみで
今朝も彼岸峠で落ち栗を24個収穫。
毎日のように収穫していると食べ切れない程の量になるから
本日の収穫分は御来訪のお客様に御裾わけ。

004_201609101013048d0.jpg

この重陽の節句、新暦では10月中旬頃にあたり
そのころに咲く
菊は古来より薬草としても用いられ
延寿の力があるとされ
、別名「菊の節句」とも云われ
菊湯の
風呂や酒に花びらを浮かべ菊酒などでも楽しまれる。
元来五節句とは
中国由来の行事で、日本では平安時代ごろ
宮中行事として取り入れられ、
当時中国から伝来したばかりの
珍しい菊を
用い長寿祈願厄祓いに伴う宴が催された。
これが時代とともに民間にも広がり
江戸時代には五つの式日
つまり
今でいう祝祭日として定められた。
古来より、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え
その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで
めでたい反面、禍にも転じ易いと考え、祝いと共に厄祓いもされた。
一月七日の人日(じんじ)の節句は七草粥を食べ
三月三日の上巳(じょうし)の節句は桃の節句、雛祭りで
甘酒、ちらし寿司、雛あられなど楽しみが多い。
五月五日の端午(たんご)の節句で柏餅や菖蒲湯。
七月七日の七夕(しちせき)の節句は七夕(たなばた)
笹の節句とも呼ばれ、食べ物としては特に思い当たらないけれど
索餅(さくへい)麦縄(むぎなわ)と呼ばれる素麵の束を
撚ったようなものが食されていたらしく、地方によっては
七夕なら素麵だろうと云うところもあるらしい。
九月九日の重陽(ちょうよう)の節句は「
重陽」つまり、一番大きな
陽数(九)が重なることを表し、
不老長寿や繁栄を願う行事を催し
旧暦では菊酒や菊湯を楽しんだが
、新暦に替わって9月9日頃は
まだ菊も咲かず、農繁期で忙しいことから他の節句の比べて
存在感が薄いようで、もっぱら「栗節句」と称して収穫したての
栗ご飯を楽しんでいる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数