杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

秋めく
今朝の風の丘は、ぐっと気温が下がり
半袖ではちょっと
涼し過ぎるほどである。
まだ雨の溜まりの残った庭に台風の余波で折れた
木の枝が散乱しているが、恵みの雨で植木や花だけでなく
雑草まで青々と息を吹き返している。

013_20160830102000c66.jpg
雨風に打たれて落ちた栗の収穫
もう十分栗ごはんが出来るくらいはある。
008_20160830101716cfa.jpg
いつの間にか小紫式部が色付きはじめ
風のガーデンも秋めいてきた。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数