杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

夢病譚5・界境線
夢病譚・5
界境線
身動き出来ずに病に伏すという程でもないのだが
この数日、療養に専念せねばならない羽目になり
工房の隅にある事務所兼書斎続きの書庫で過ごしている。
深々と寝も遣らず座すことも適わず自由を制限された身体を
板敷きにごろりと横預けしての読本三昧しか用は無いのである。
二日も薄暗い書斎に閉じ込められていると昼夜の区別もなく
チャキチャキと煩く駆け巡る掛け時計に行動を支配され
針の指し示す時間毎に藪医から処方された薬をハーブ水で飲み
その薬のせいもあってか、とろりとろりと惰眠の中にありながら
腹が減るでもなく膨れるでもなく退屈の退屈さを味わっている。
それでも四日目になると身仕舞いには大きな不自由さもなくなり
まだまだ、刺すような暑気には耐えられそうにはないが
外気を吸いたくなれば早朝や日入りの庭に出ることはできた。
004_2016082513580988f.jpg
何時までゴロゴロしていても腹も減らないし、身体慣らしに

少し足を延ばしてやろうと、
草臥れてツバの破れた麦藁を阿弥陀に被り
眩しく照り返す夏草の原に切り絵のように横たわる樹影を渡って
工房の北に茫々と広がる月の広場に足を踏み入れた。
その先は手入れも行かず刈り残された草背丈ほどに繁茂して
葉も茎もぢりぢりに陽妬けて針のように乾燥しきって行く手を阻んでいる。
確かに月の広場の奥に黒々と盛り上がる椿山は涼しげではあるが
鑢のような草藪を漕いで進む程の事かと迷い立ち止まってしまう。
003_20160825142541b1e.jpg
『こちらをどうぞ。』草叢から白い顔を覗かせた笹百合
道案内だと言わんばかりに、か細い声で話しかけてくる。
なに驚くこともない、この風の丘では生き物だけでなく
石ころや風だって気まぐれにしゃべり掛けてくるのだから。
007_20160825145133df9.jpg
三尺ばかりに背伸びした笹百合が、こっくりとうてなを傾げた方に
目を凝らすと、今にも雑草に呑まれそうになった木道が
覗いて見える。
促されるままに木道を渡り、ぢゃかぢゃかと全身を削るように
擦り寄ってくる硝子繊維のような茂みに絡まれないように
斜に構えた脚の先から踏み分け押し分けて進んでいくと
突然地面から火でも噴き出したかように真っ赤な羽根の山鳥たちが
けたたましい鳴き声をたてながら頭上を越して跳ね飛んでいった。
その山鳥たちの
火傷のような大騒ぎに、こちらまで肝を潰され
両手を挙げたままの形で、
草の中にドウッと倒れ込んでしまった。
空は、夏草のその先でくるくると廻り、ようよう立ち上がっても
ぐねりぐねりと頭の中が回って、来た道も見当たらず
もう一度ばったりとひっくり返ってしまった。
『けしからん、ここへは入るべからずとあれほど言ってある。』
その声に顔を上げると
、鹿踊りのような頭飾りをつけ
きちんと詰襟の緑のシャツを着た男がぬうっと立っていた。
010_20160825152815fb1.jpg
『立入禁止の看板があるだろう、それから此方は俺様の楽園だ
勝手に界境線を超えてはもらうまい。』
「あれは、確か役所が建てたものでは・・・」
緑のシャツを着た男は細長い手足をギチギチと奮わせて力んだ。

『やかましい。看板を誰が建てようが界境線を越えればこちらが法律だ。』
「そんな法律なんて聞いたことがありません。」と応えると
『ええい、法律だ。口答えする奴をアモってやれ。』と叫び
何処から湧いたか黒い身形なりの若者が三人現れ出たのである。
若者たちは、お互いにつるりとした顔を見合せながら困惑しているようで
『アモれってさ、君がアモれよ。』『アモって堪えるのかなあ。』などと
顔を見合わせているけれども、こいつ等にアモられるらしい当事者としては
「アモる」がどういう行為だか、そもそも賞罰どちらの行状かも判らない。
キョトンとなって「アモるって、いったい何ですか。」と尋ねたら、緑シャツ男は
シャツの裾を大きく開け鹿踊りの頭飾りをワナワナと震わせた。
そんな始終を見ている黒い若者たちは頭を突き合わせて
『この兄さん、アモられるのを知らないらしい。じゃあ驚かないね。』
『なら、利き目が無いよ。いっそゲゾってやればいいんだ。』
『ああ、ゲゾリンコなんて遣られたら、きっと腰を抜かすだろうよ。』
なんて勝手なことを言いはじめ、緑シャツは怒りのやり場に
夏草をブチブチと食い千切りながら辺りを跳ねまわった。
『アモるのもゲゾリも無しだ。いっそズブサを見舞ってやれ。』
黒い若者たちは大男の緑シャツよりずっと小柄な体つきで
その勢いにはなかなか付いていけないらしく、少し青くなりながら
ひとり二人と草藪の中に隠れてしまい不満そうな声だけが聞こえた。
『ズブサなんて僕らの仕事じゃあないよね、アモるとかゲゾるってのが
どんなもんだか自分だって遣られたことが無いくせにさ。
それを恩人の兄さんに向かってやらせるつもりかい。』
『さっきの山鳥にでも突っつかれたら良かったのに、この兄さんが
蹴散らかしたのを、自分の威厳で追っ払った積もりでいるんだ。』
『そうそう、帰り打ちで兄さんにペショられてしまえば良いんだよ。』
緑シャツはイライラその陰口を聞いていたが『もうお前らには頼まん。』と
言い放つと、ばっと緑
シャツを翻しながら飛び掛かってきたので
仰け反りながらも被っていた麦藁を振りかざし、めくら滅法に叩きあげた。
一瞬に辺りが静かになったから、そっと目を開いて見たけれど
そこにはもう緑シャツの大男の姿は跡形もなく消えていた。
001_20160825172241f66.jpg
夏の空がまあるく雑草に縁どられて、ぽっかりと見えるだけである。
いったいあれは何だったのだろうと考えながらも行きつかぬまま
療養中の筈の重たい身体を起こし、もう一度周りを見回していると
野菊が足元から見上げるようにして『こっちだよ。』と言うから
しゃがみ込むと雑草の陰から黒い若者たちの声だけが聞こえてきた。
『ははあ、案の定ペショられたね。あんまり威張るから良い気味だ。
仲間を呼んで陽の高いうちに曳いて行こうじゃあないか。』
005_20160825172731b6a.jpg
紫陽花たちは
何時降るか解らぬ雨を待ってひと月余り
すっかり仕折れながら
も己の行く末などちっとも気にならぬのか
自分自身の枯れ茎を杖代わりに頼って、突っ立っている。
そっと花殻を撫でれば、風も吹かぬのに『じゃがじゃが』と
音とも声ともつかぬこと呟きながら頭を垂れて頷いている。
なにが「じゃがじゃが」だか知らないが、こんなふうで風の丘では
草も木も勝手にしゃべったり歌ったりしているのである。
002_20160825144502697.jpg
また、笹百合が信号灯のように背伸びして木道を指差し
何も言わずに、ぶいんぶいんと二三度、身震いの仕草をしたが
多分帰れ帰れと促しているのだろう。
背の高い夏草の中に分け戻ると草の実がプチプチと弾き
顔や襟もとにあたりジガジガとくすぐる。
006_20160825173420010.jpg

木道を渡りきって振り返ったら、夏祭りの終わり方のように
黒い蟻たちが行儀よく集まって列をなし、潰れたキリギリスを
静々と暗い草陰の中に曳き納めに行くのが見えた。
そこで還りの道々に「はて。」と考えていたのだが
自分は既に全身をアモられていたり、思いっきり背中あたりをゲソられ
寄りによっては心の臓辺りをズブサなんて目には遭っていないのだろうか
何しろそれらが毒気や邪気を孕むものか効用をもたらすものか
その顛末さえ判らないのだから「無事に。」とは断言しがたく
上手く逃げ果せたという確信が持てないでいるのである。
この後に療養が長引けば毒気か邪気に当たったことになろうし
もしも全快が早まれば、その効用があったのかもしれない。
:::
昨夜そんな陰妙な夢を見たものだから
確認するわけではないが
、カメラ片手に
夢の通りに麦藁を被って月の広場を訪ね
草藪に分け入り、写真を撮りながら

昨日より幾分、身心が軽くなった気がしている。
☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽YUMEBYOUTAN☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽
肋骨夢病譚▶夢の続き
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数