杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

ひと房の葡萄
朝から轟く遠雷に
駄犬がおびえて尻尾を巻く
空は薄く曇ってはいるのだが
もう3週間以上、一滴の雨も降らない。
004_20160816115920c29.jpg

風のガーデンの草も木もカラッカラだけど

流石に毎日の散水は骨が折れる
今日は日和見で庭の水やりはお休み。
盆の供え物に間に合うように
毎年実るデラウエアを捥ぎって
ポイポイッと口に放り込んでいると
眼の前をスイ~ッと秋茜が掠め飛んで
秋の気配を感じている。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数