杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

blackbox
今年の初めころだったろうか
『箱をつくって下さい。』と言われて
値段も決めずに引き受けてしまったから
材料の選択に困ってしまうのである。
本当はその時点では、そう困ってもいなくて
「まあ、幾つか種類の違う材で作れば良いだろう。」
001_20160715161216e6b.jpg
軽い気持ちで引き受けたのだが
いざ作るとなると、選んでいただいた後の
残りの箱は一体どうなるんだろうと思いながらも
見切り発車で制作に取り掛かる。
002_20160715161353f84.jpg
そうそう、こんなものを必要とする人など居ないと思うが
こうして現に注文があったのだから、
まあ残りの箱は
妙なお客さんのために展示しておくのも良かろう。
003_20160715161725493.jpg
・・・そんなところにタイミング良く
妙齢の注文主がソフトな催促にお見えになる。
「は、はい。今月末までには・・・。」

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数