杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

南酷の雨宿・帯に魅かれて
南酷の雨宿
第三章・帯に魅かれて

展示会二日目、この会場は普段は武道館として使われていて
エアコンなどの設備があるわけではないから
臨時で冷風扇などが数機設置されているのだけれど
出入口も開け放されていて外気温が上がり始めると
人と外気の熱気で蒸し風呂のようになる。
無論それを承知で参加しているのだから自前で扇風機を
持ち込んで、客には当てずに自分ばかりが涼んでいるのだが
流石にピークになると、こいつも温風機と化してしまう。
「こんな日は美味い物を喰って生ビールだ。」と
頭の中ではこの言葉ばかりが呪文のように繰り返されて
花こみち女史の反論を押し切り、またもや宿の隣の焼き肉店へ
いやいや、然程の肉食系ではないのだが生ビールを飲んで
ふらふら歩いて帰れるところが他にないからここにする。

011_20160620182210a50.jpg
手持無沙汰の長い夜は、なかなか読み進まずにいた
友人の祖父である「安高団兵衛の記録簿」を読む。
012_20160620182221a69.jpg
まだ多くは読み進んでいないのだが、実はこの本の
帯に魅かれて、もう大方読んでしまった気分になっていて
時化た作家に「自分に与えられた時間だけが自分の命だ、
ごちゃごちゃ迷って悩んでいたり、人に振り回されていないで
一歩踏み出してみろ。」などと偉そうに語っている。
:::
そうそう、こんな下らぬことなど書いてないで
少しでもこの本を読み進まなければ・・・


☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂NANGOKUNOAMAYADO☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂
第一章・夢十夜南酷の雨宿第四章・ただいま~。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
3067. morinof   URL  2016/06/25 23:26 [ 編集 ]
酒のつまみのように、ちびりちびりと読ませていただきます。
3056. アシヤの白いバラ   URL  2016/06/21 10:22 [ 編集 ]
本の購入をありがとうございます。時代背景ならではの違和感はあると思いますが、睡眠薬効果は絶大でしょう(^_-)-☆
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数