杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

卯の花、匂いし頃に
このところの日中の気温は28℃になり
梅雨入り前のひと時、汗ばむ初夏の季節になった。
工楽風展も終わり「さて、仕事だ。」と気負って歯を食いしばり
旋盤作業をしていたら
「痛たたたたあ・・・。」奥歯が痛い~
展示会前から不規則な生活で、ちょっと無理をしたのは否めない。
来月の三股クラフトフェア迄には治しておかないといけないから
ぴゅう~んと歯医者に行って治療することに・・・
008_20160524105030c25.jpg

風の丘周辺も青葉が茂り、木陰には卯の花が咲き始め
唄のままにホトトギスが啼きはじめると耳にも初夏を感じる。

卯の花【うのはな】
茎の中が空洞になっているところから
「空木(うつぎ)」とも呼ばれているが
「夏は来ぬ」の歌詞の中にも卯の花とあり
その名の響きが、また風情である。

011_20160524105519256.jpg
この頃の陽気な筈の景色の中に立つと
決まってふっと哀しく寂しい思いが心をよぎるのは
幼いころに父から聞いた悲しいホトトギスの話しのせいであろうか。

ホトトギス啼く音の聞きなしは「東京特許許可局」や
「テッペンカケタカ」まど様々であろうが
頬まで裂けたような口から真っ赤な喉をのぞかせ
夜を徹して啼き続けるホトトギス・・・・・・。
013_20160524110023117.jpg

~不如帰~
昔、日向の山奥に二人の兄弟が仲良く暮らしていた。
普段は山菜や川魚のエノハ獲りをして里へ売りに行くのだが
その日はどうしても大きなエノハが獲れないので
つい、普段は行かない深い渓谷まで踏み込んでしまい
その時、兄は滝の飛沫に濡れた苔に足を取られ
崖から落ちて動けなくなってしまった。
その日から弟は怪我をした兄の分まで稼ぐために
遅くまで働かなければならなくなった。
しかし、まだ幼い弟には商売になるようなエノハは
なかなか獲れず自分の食べる分は小さなものばかり。
それでも兄が早く元気になりさえすればと
毎日、一番大きなエノハと炊きたての飯を兄に食べさせて
あとはその残りと山菜の僅かの稼ぎで米や薬を買ってきた。
まだ寝たままの兄は、このところ弟が一緒に飯を
食べようとしないのが不審に思えて尋ねた。
「どうしておまえは一緒に飯を食わないんだ。」
「兄さん、心配には及びません。
私は明日の準備もありますから後で戴きます。」
兄は動けない自分の目を盗んで、もっと大きなエノハを
食っているに違いないと疑いはじめた。
いや待てよ、あんな大物が売れさえすればそれより
もっと旨い物を買って、道々食って帰るに違いない。
そう疑いはじめると、いつも優しく看病してくれる
弟の腹の底が見えてきて憎く恨めしく思えてくるのであった。
どうしても、どうしても我慢が出来なくなった兄は
看病と仕事で疲れてぐっすり眠り込んでいる
弟の腹を切り裂き中を覗き込むと、はっと息を呑んだ。
もう息をしなくなった弟の腹の中には
先程自分が食べ残したエノハの骨と
僅かの烏麦の穂があるばかり。
兄はこんな優しい弟を疑い
あやめてしまったことを悔いて一晩中泣きあかし
泣いて泣いて泣くうちに、今まで動けなかった身体は
ふうっと宙に羽ばたき、いつの間にか
一羽のホトトギスになっていた。
それからホトトギスは千八声啼き続け
口から血を吐くまで
食べ物にありつけないのだと云われている。
「不如帰」の名からも「帰ることのない」という意味あいが
読み取れて何とも哀しい話しである。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数