杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

エチケットボックス・5
エチケットボックスの試作をしていて気になる部分
用途から考えて、床に置かれることが多いだろうが
フローリングなどの床材は厳密に平坦でないから
底板を面に合わせると床面の僅かな歪みや
砂粒ほどの突起部分があるだけで
ガタツキが起こってしまうのである。
003_20150503121200d70.jpg
ひと手間だけれど左のように底面に透かしを入れる
004_20150503121210a76.jpg
この左の上げ底面だと四隅だけで支持するから
少し移動させただけで安定が保てる。
005_201505031212259b3.jpg
最初の試作は没にして新たに試作してみた。
そんな中で使用頻度と持ち上げた時の感触を考えて
右の二点は幅110㎜と小さくしてみたのだが
これ以上狭くなると製作する時に中に手が入らない。
四隅の補強のために契を入れているが
段々エスカレートして技に溺れている感がある。
これから内枠と蓋を製作して早く塗装に持ち込みたい。
近々中に試作見本で届けしなければならないのだが
こんなに遊び過ぎると某旅館の御要望予算を
随分上回ってしまいそうである
。う~ん・・・
最初の打ち合わせのお話しを思い起こしてみる。
長湯温泉の宿の一部リニューアルにあたり
全棟離れ一泊15,000~50,000円のお宿です。
それでいま棟内の
おトイレのエチケットボックスを探しています。
プラスティックは安っぽくて
また陶器もありがちで、宿のグレードを考えると
できれば暖かみのある木製がいいと思ったのですが
エチケットボックスで木製というのはありません。
お部屋に置くゴミ箱サイズだと木製もあるのですが
杜の舟さんオリジナルで蓋付き木製ボックスを
作って頂くというのは可能でしょうか??
『プラスチックや陶製よりは雰囲気かな。』とか
『木製も悪くはないね。』くらいの物なら
わざわざお金をかけても某御宿に宿泊される
お客様の印象には残らないだろう。
せっかく他所が目を向けない部分に
手を入れるのである。ゴミを入れたくないくらい
奇麗なゴミ箱が出来たら面白い。
仕事がいつの間にか道楽に向かっているようだが
『感動分岐点』を超えられるゴミ箱をと思えば
ここまではやってみたい仕事ではある。
まあ、御予算などは納得いく試作品が
出来上がってからの話しであろう。
*****************etiquettebox***************
エチケットボックス・1etiquetteboxエチケットボックス・6

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数