杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

STARFISCHER・4
STARFISCHER・4
下心あり

宇宙通商開発機構だとか何とか言いながら
スペースドローンだとかスペース
シップなど
夢を宣い乍ら、予算もないのに手間暇かけて
試作三昧やっているのは
、実は下心があってのことなのである。
005_20170719161606f46.jpg
来年の話しだが坂元昭二氏とのコラボレーションで
森羅万象の杜「羅天」なんてテーマを出したから
モビールでも作って飛びそうなのや、飛ばなさそうなのも
ブラブラぶら下げてみようかと思ってのことである。
006_20170719161611354.jpg

事が進むにつれて腹黒さが見え隠れの杜の舟であった・・・
★★★★★★★★★★★STARFISCHER★★★★★★★★★★★★
墜落STARFISCHER▶5へ続く
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
STARFISCHER・3
STARFISCHER・3
宇宙通商開発機構

宇宙漁業機構の行き詰まりでスターフィッシャー計画は
宇宙通商開発機構に移行すりことになったが
予算は緊縮財政で
あることは変わらない。
主にはスペースカーゴの積み替え作業であるが
時として危険な事故船の回収作業などにも従事するので
無人作業艇スペースドローンなどが必要になってくる。
004_20170718212713690.jpg

宇宙通商開発機構の標準規格にのっとって
25mmのコンテナドッキングハッチを航行することができる

005_20170718231138d75.jpg

SPACESHIP超長飛行小型艇
003_2017071823113243c.jpg
無人作業艇SPACEDRONE
これらは小型艇なので低価格で設計施工ができるが
あまり夢を載せきれないところもあり銀河財団からの
補助を得て大型船も建造したいものである。

★★★★★★★STARFISCHER★★★★★★★
墜落STARFISCHER4・下心あり
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
STARFISCHER・2
スターフィッシャー・2
母船SPACENOAH所属TANZA

試作船1号に続き改変を重ね
母船スペースノアと、所属の2号艇タンザを製作

009_2017071718484220b.jpg
2号艇は
単座小型艇で、乗組員は一人で飛行して
スターフイッシュを確保する任務にあたる。
008_201707171852532a9.jpg
宇宙間航行はスペースノアにドッキングして移動する。
007_20170717185248c8a.jpg
コントロールロープを掛けることで3名から12名での漁ができるけれど
宇宙漁業機構から予算を絞られていて、ドッキングロープやフックなんかは
ちゃちな既製品を使うしかなく、如何にもホームセンター農業紐
と思える
緑々した色などは「これでは飛べないよ・・・」な悲しいものがあるので
他の部門からの調達も考えなければならない。
★★★★★★★★★★★STARFISCHER★★★★★★★★★★★★
墜落STARFISCHER3・宇宙通商開発機構
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
首が折れる
蛇は金運のお使いだから寄木細工で材を寄せ
「寄せ喜で財が寄ってくる」などと、
怪しげな蘊蓄で
つたなき技をカバーしようと考えて
2013年ヘビ年に制作した干支物であるが
今年の初めだったろうか大宰府のHさんの
首が折れてしまった。
http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/m/o/r/morinofune/007_20121116025828.jpg
Hさんの首ではなく寄木の蛇の話し。
たぶん制作していた頃の冬場の寒さで
接着剤がかじかんでいたのだろう。
003_20170717094621c4d.jpg
ポロリと首
がもげていたので修理の依頼である。
せっかっくだから接合部分に永遠の輝き「カーリーメープル」と
金運の「イエローハート」材を貼り足し
しっかり数か月寝かせて木の狂いを治めて削り込み。
001_2017071709523544e.jpg
出来上がり。
イエローハートの金色寄木が首と胴のあたりに
くるりと回って見えるから「金が回って商売繁盛」なり。
因みに蛇の口に宝くじを挟んで、杜の舟の方角に向かって
手を合わせると「なななんと、大当たり!」なんてこともあるかも。
:::
・・・Hさん、本日ご来訪、お待たせいたしました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
STARFISCHER・1
STARFISCHER
1・墜落

銀河彼方遠くには星雲と呼ばれる星屑の湖が幾つもあります
それらは霧のようだったり金平糖の集まりのように見え
時にはぽっかりと、まあるいお魚の口のような輪っかになって
それらはフィッシュマウスネビュラとかドーナツ星雲と呼ばれているのです。
星屑の湖と云いましたが、そこは全体ガスや色硝子を撒き散らしたような
星屑の真砂が
夜光虫のように燐光を放ち、ちくちくと砂時計のような
微かな音を立てて満ち引きを繰り返しているところです。
このドーナツのような環状星雲のリングネビュラなどには
そんな星屑を餌にして、たくさんの光魚たちが集まってくるのです。
琴座M57までは、おおよそ2300年、アンドロメダM31へは
250万光年の途方の無い時が掛かるのでした

それらの星雲の周りを埋めるように満ち満ちた、深くて暗い海は
ダークマターと呼ばれていて、星の始まりと終わりの海だとか
星の卵子や精子の漂う羊水だとも考えられて
地球の水のような淡水や海水と云うのではありません。
話しが長くなりましたが、或る依頼がきっかけで
そのリングネビュラに集まったスターフイッシュと呼ばれる光り魚を
釣りに出かけることになり、まあるい形の船を拵えることになったのです。
002_201707160843452d3.jpg
試作船・スターフィッシャー・

とりあえずリングネビュラには到達できましたが
光り魚の重さに耐えかねて墜落・・・
★★★★STARFISCHER★★★★
墜落◀STARFISCHER2・母船付き単座
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

続きを読む »
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数