杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

混がらがる
大甥からの依頼で金庫のカラクリを作らされている。
この「作らされている。」は何だか響きが良い
どんな無理難題でも、お客様からのご依頼を
引き受けたからには「作らせて頂く。」だが
こいつ久方ぶりには難儀な仕事で
作らされている感じである。
003_201807141046109ee.jpg
段ボールのカラクリ見本を預かって早や2週間目
このへなちょこな構造を基に木で制作するのだけれど

あまり上手に作るわけにもいかぬが
こんなものかと思われたくもなし。
004_2018072018230746a.jpg
外観は二重ダイアルと合鍵2本で
見かけはシンプルだけど中身は凄いのだ。
005_2018072018231434e.jpg
どう凄いのかは、構造図面も引かず取り合いで
適当不適当にに作るから無意味なものも多々あり
混がらがって無駄な動きも多い。
納期は明後日なのに、未だ出口が見えない
・・・
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
ソルティーライチブルーベリーミント
暑気当たりでくんねりの庭に陽の昇る前に散水。
「おお、そうだった。」昨日のことを思い出し
ソルティーライチブルーベリーにミントの葉を加えたら
もっと爽やかになるだろうと早朝一番の新芽を摘み
おまじないの様に両手の中でぱん!と叩く。
003_20180720093258f4b.jpg
こちこちのブルーベリーにミントの葉を加え
ソルティーライチを勢いよく加えれば
ミントグリーンがくるくると躍り

見ているだけで心がスキップするように軽やかになる。

昨日、お絹さんから差し入れいただいた
アクエリアスやポカリスエットなども宜しいかと。
002_20180720093826bf5.jpg
「おお、美味しい~」
美を飲み、自然を飲めば
身体だけでなく心も潤う気分。

美味しいとは「美しい味」と書くのだと
あらためて思い見る杜の舟であった・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
熱波襲来
水害の後の、ここ数日は熱波襲来
熱中症対策に小まめに水分補給をするが
「飲まなければ」が義務感から強迫観念になり
麦茶と井戸水
で腹がタプタプ重くなるばかり。
先日ミネラル補給にスポーツドリンクなど買いに行ったら
ポカリスエット、アクエリアス、ソルティーライチの棚は
水害復旧の人たちが買っていかれたのであろう
見事なまでに空っぽになっていた。
今朝一番に出直して、やっと確保できた。
002_20180719220049715.jpg
ソルティーライチに凍らせたブルーベリーを放り込めば
根拠なくビタミンも補充出来たような気になる。
明日は爽やかミントの葉も浮かべてみよう
水分補給も何だか楽しみになりそう。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
木の香
『宮崎の展示会で購入した箸が臭う。』と
お叱りの電話を頂き、お手数ではあるが確認のためと
今後の対策のために現物を送り返して戴くことにした。
001_2018071816150082e.jpg
塗装不良の匂いなら封を開けたとたんに臭うが
臭わない?展示室にある100本ばかりの箸を
鼻先につけてクンクン嗅いでみた。
なるほど、欅などの導管の深いものは
ほんのりながら、その木特有の匂いを感じる。
『木の匂いは良い。』と潜入観念があり
ヒノキやクス、レッドシダーなどの
清々しい香りを連想するけれども
欅などは木の個体や部材の場所によって
臭いは多様に変化し、製材した時に焼きイモのような
香ばしい匂いがしたり最悪糞尿のような悪臭もあり
母の介護をしていて「あ、欅の匂い。」と思うことがある。
大抵は製材加工して数か月もすると、その臭いも薄れ
また削るとその臭いが出てくる。
今回返送されてきた欅のお箸を嗅いでみると
その気になって強く嗅いでみないと判らないけれど
若干後者の臭いかな?
しばらくすれば臭いは消えます。と言っても
一度嫌だと思ったものは使いたくないのが人情である。
欅以外の材は匂いを感じないけれど
ご自宅に欅の一枚板のテーブルがあり
全くそのような臭いはしないとのことで
それに合わせて欅の箸を選ばれたのだそうである。
そこでご提案として、洋欅(ようけやき)の流通名を持つ
ブビンガ材の箸を代替で送り、欅の箸はそのままお使い頂き
実際に臭いが気にならなくなるのかのお試しをお願いした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
続きを読む »
ミストラル
「暑い。」では表現できない暑さを
「アズイ~!」とか「アヂイイイィ‼」なんて
濁音にすると、汗のボタボタ感が伝わる。
そんな詰まらぬことでも考えて
気を紛らさないと、やっていられないよ・・・
006_20180717161646253.jpg
兵庫のKさんから3年振りに針山台のご注文があり
なかなか良いメープル材が入荷したので
昨夜、切り抜いておいた
002_201807171618282e3.jpg
今朝から削り始めたけれど、換気扇をつけた途端に
窓から熱波の如き外気が吸い込まれてくる。
「あぢい、あぢい」と騒ぎ立てれば尚更汗が吹き出し
眼鏡にぼたり、目玉にぼろりで作業の手元が狂う。
001_20180717161634469.jpg
熱中症対策に工房の前庭に水を撒いたけれど
焼け石に水とはこのことで
撒いた先から乾いてしまい、らちが明かない。
霧状にして柱に括りつけてミストラル。
004_20180717162818af1.jpg

これでミストラブルなく仕事が進みはじめる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数