杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

・・・むむ。
西南女学院の今年度の予算が提示されたけれど
例年の福祉食器関係だけでは
額面が大き過ぎるので到底埋められない。
002_2017111817234017f.jpg
遊具やリハビリ機器などで少しばかり窓口を拡げないと
「予算の穴埋め、員数合わせみたいでイケナイ。」
来月までに素案を作り2月には納品となれば時間もない
ああ、また年末から年明けに掛けては
過激に忙しくなりそうだ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
ブルカナ
大急ぎの送り出しを終えて
やっと干支に掛かれるかと思えども
何かと野暮用も多く
遅々として進まずにいる。
001_20171116130714d1e.jpg

ようやく午後から旋盤の前に立つが
なかなかイメージが定まらない。
002_20171116130908a62.jpg

「一巡り前の戌の方ががやっぱり良いかな。」と
12年前の青二才の自分を超えられず
悶々とした嫉妬が沸き上がる。

などと謂う詰まらぬ感情よりも
時間に追われ崖っ淵に立たされた
焦りのほうが大きい。
003_201711161313455e1.jpg
「今回の主流はブルかな。」と「主流」の言葉を残し
未だ絞りきれない悩みからは抜け出せないでいる。
1111111111111111111INUINUINUNARAZU1111111111111111111
居ぬ戌戌成らず居ぬ戌戌成らず▶5へ続く予定
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
揚羽蝶の修理
随分以前に精力的に作っていた
寄木や象嵌細工の揚羽蝶だったけれど
ネコに遣られたり小さな子供たちに狙われて
破損することが多く長く手掛けないままに入るが
これまで納入した修理の依頼は引き受けている。
001_20171109175444571.jpg
紫外線硬化接着剤が目に留まったので早速取り寄せることにしたが
『粗悪なコピー品も出回っていて割高だけど正規品を購入したほうが
日本語取説もあり信頼できる。』とあったので正規品を頼んだが
「嘘ばっかり・・・」日本語取説なんて入っていない。
002_20171109175817b5f.jpg
要するに正体はレジンであるから説明書なんてなくても良いけれど
『あるよ。』が無いのは心持が困るではないか。
しかし修理したけれど接着剤の代金上乗せして請求すると
ちょっとお高いものになってくるからまた困る。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
取り立て
平日の休日、穏やかな気持ちで作業をしているところに
行橋市から積木とままごとセットの取り立て・・・
『約束していた、ふるさと納税返礼品を取りに来た。』
細々と木工仕事を営んでいる杜の舟としては
有難いお話しではあるが纏まった数字を云われると困る。
001_20171107233752ae3.jpg
『こんなもので済むと思うなよ。お前さんとは違って
まっとうな納税者はこれからが季節だから、もっと数が動くぞ。』
003_20171107233757d31.jpg
「旦那さん、お願いです。お目こぼしを・・・。」
そんな言葉も虚しく、ぞろりと持っていかれてしまった。
002_201711072340569c5.jpg
大した反響もないだろうと気易く引き受けていたのだけれど
予想外のことに困り始めているが自分で蒔いた種なのだから
自分で刈り取らなきゃあ仕方がない
また寝ずに仕事しなくちゃ・・・・・・
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
白い犬を
旋盤で外殻を成型してから
耳や尻尾など詳細な表情部分は
削りだしでやろうと始めたのだけれど
やっぱり12年前の垂れ耳戌より手間が掛かる。
012_20171105162354e54.jpg
まずはDMの写真撮り用に試作してみる。
014_201711051630587b7.jpg
まだまだ試作段階だと云うのに、うっかりご常連の
Oさんの
『耳の立った白い犬。』の要望に応え
毛並みの良いカーリーメープルで作ってしまった。
013_20171105162933cd9.jpg
まあ、第一回目のハムスターモドキよりは良さそうだが
これを年末までに最低100匹となると大変かも・・・

1111111111111111111INUINUINUNARAZU1111111111111111111
居ぬ戌戌成らず
居ぬ戌戌成らず3・メンドーサの魔力
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数