杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

今月末には
『五月の連休に里帰りをするのですが
それまで春の夢くじは残っているでしょうか。』
「はいはい、何とか・・・」と軽く引き受ける。
ウッドボウルのご注文にも、戌の干支の追加製作にも
「はいはい、今月末には。」
そんな安請け合いをしながら
ふとカレンダーを見る。
011_20180218213025f9c.jpg
あ!
今月は28日迄しかない。
それに気づいてから
ずっしりと28という数字に
圧し潰されている・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
一昨年の
ご常連のOさんから修理のご依頼
007_20180218140755977.jpg
『筋斗雲が壊れたて猿が乗れないのですが・・・』
009_20180218140921175.jpg
一昨年の干支の乗り物の筋斗雲と
峨眉山を繋ぐ支柱を4㎜から8㎜に変更
008_20180218141108000.jpg
毎年の干支シリーズも、グラムハウスと一緒の
御座敷ジオラマの一員であるから
多分、酔っ払って取り落としたに違いないのだが
そこは詮索せずに快く引き受けて
はい、出来上がり。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
御輿入れ
故在って千日雛の御輿入れ
021_20101109030904.jpg
雛段が寂しくなってしまった。
 001_20180217114150265.jpg
雛人形を製作する予定でいたのだけれど
未だヒバ材の杢理好き材に巡り逢えず
他にお願いしている材も
北国の雪の中・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
夜の霧
突然に春一番が吹き荒れ
顔に降り掛かる雨さえ生暖かく
数週間融け遣らずの雪も嘘のよう。
005_2018021522235922d.jpg
夜には粒子の荒い霧が重く立ち込め
湿気がざらざらと身体にまとわりつき
肺臓までも遣る瀬なく、ぢっとりと澱む。
遠く、鉄橋を渡る軌道車の音が聴こえ
空気が変わったのを感じている。
春だな・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
FULL稼働
今日は行橋のギャラリーPowanさんが
ハーブ葉子さんとご来訪予定で
それに合わせて彫丸堂氏も在廊の積りだったけれど
「あいにく」と言うべきか、
納期が詰まって焦っている
杜の舟にとっては幸いの雪で、お天気の良い日に延期。
004_20180206103432c1f.jpg
降る日は、入るも出るも成らずの
FULL稼働。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数