FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

漏刻ひじり17・エンブレム試作
試作を続けていた教会のオシゴトは
やっと方向性が見えてきたのだけれど
最初の打ち合わせで抑えていた材が
仕様が変わってしまったから白紙に戻り
新たに製材して頂いているのだけれど
まだ手元に届かず納期は迫るが掛かれずにいる。
003_20190920145331f6f.jpg
出来ることから。
聖書台、マリア像台、聖櫃に取りつける予定の
エンブレム試作してみる。
002_20190920145819884.jpg
聖体ランプは赤いLedライトを光源にするから
薄赤に着色したエポキシレジンを流し込んだけれど
厚みがあるから硬化までに三日くらいは掛かりそうだが
さて、光の演出ができるかどうか、一番難物である。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰ROUKOKUHIJIRI♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰♰

祭壇漏刻ひじり▶続く・・・
レアものハート
『黒いのが好い。』
『紫も気になるけれど。』
『緑の木にも目移りして。』
杜の舟に来る客なんてのは全体我儘なもので
云いたい放題の要求をして来るのであるが
それに応えないのも沽券にかかわるので
「ええい面倒だ、大から小まで望む樹種のハート
全部揃えてやろうぢゃあないか。」
と、啖呵を切ってしまう。

001_20190919185651d38.jpg
そんなこんなで、今夜は100個ばかりの
レアものハートの下地塗装中。
002_2019091918565959e.jpg
 これで秋から新春んにかけての
新作ハートペンダントは充実しそうだ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
デキタヨメール・金具着け
秋田のHさんからデキタヨメール
003_20190918212430e29.jpg
針山・・・
ではなくて、ブローチ木枠に入れた
こぎん刺し
004_2019091821221756a.jpg
ブローチの裏側
004_20190411004812086.jpg

このマニュアルに沿って
初めてのブローチ金具取付。
005_201909182128058cb.jpg
「はい、大変よく出来ましたね。」
新しく店棚に仲間入り。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
ダーニング・マシュルーム
先日部材を貼り合わせていたキノコ
004_20190917221412e6d.jpg
早朝から延々と旋盤加工
003_20190917221406881.jpg

20個を目標に掛かっているのだけど
005_2019091722141912b.jpg
嗚呼、駄目だ
もう夕日が沈む・・・・

懸命んい働いている積りだけれど
一日って、あっという間に過ぎてしまい
なかなか、仕事が追い付かないよ・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
色白でグラマー
『ねえ、せんせ。色白でグラマーなのが欲しい。』
「そ、そな過激なご注文は受けられませぬ。」
前回は『グラマーで色気のあるのが欲しい。』と云われ
パープルハートの12㎜厚の木地加工したのを納品
002_201909161710236ef.jpg
粗加工だけしたのをIさんが自分で磨き上げて
パープルハートは長寿の色だから
お義母さんに敬老の日のプレゼント。
今度は知人
からのリクエストに応えて
色白でグラマーなハートを作りたいのだそうである。
003_20190916171534b1b.jpg
色白ならカーリーメープルが良いだろうけれど
削って磨いて見ないと繊細な虎斑杢の変化具合は
分からないので少しばかりではなく、うんと作って見た。
「ちっ、また儲からないシゴトを引き受けちまった・・・」
と、心で舌打ちしながらも
表向きだけはにこやかに
「出来ましたよ、何時でもどうぞ~。」と云うのである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数
フリーエリア

カテゴリ