杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

柱時計
木枠木工旋盤のカシコップ側の
プーリー軸の制度が悪くて
柱時計型木枠が削れない。
001_2018052114461313d.jpg
これもあまり精度の良いものではないが
これまでのチャックヘッドよりはマシなので
部品を注文しておいた。
002_20180521145020b3b.jpg
柱時計の木枠と言っても
文字盤部分が3㎝の小さな
ものである。

003_2018052114541601d.jpg

案外具合よく
精度のある作業が進み
5個ばかり削っていたら、プーリーが熱を持つ。
004_20180521145916de0.jpg
・・・むむむ、このチャチな軸受けでは
杜の舟の仕事には役不足かなあ。

途中で仮組をしてみたり他の作業を交え
加熱した軸受け
のご機嫌を取りながら
15個ばかり削り終えた。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
楕円軌道
『6月の作品展に・・・』
そう頼まれていたのに
とうに5月も終盤に入ってしまった。
002_20180520094315048.jpg
野暮用ならぬヘボ用ばかりに振り回されて
やり掛けたままに埃を被っていたけれど
遥か楕円軌道を回って製作に戻れた。
003_20180520094319e87.jpg
数日中には仕上げて
001_20180520094528924.jpg
次の作業に掛からねば、と
柱時計型木枠を横目で見ながら
時間に追われている。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
理不尽
早朝時間外に古い知人が訪れ
理不尽な相談と云おうか申し入れがあり
すこぶる不快な気持ちになるが
人の心の変わりゆくを
ただ哀しく思うばかりで
創作意欲を削がれるのは何より痛い。017_20180519085832180.jpg
そんな日もある・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
アルペン気分
ホルン奏者のT氏より
アルペンホルンのマウスピース製作の依頼があり
二階の風の丘ホールでオルガン伴奏付きのミニ演奏会。
001_2018051414343156b.jpg
マウスピースの口当たり加減などの確認も含め
初めてアルペンホルンを吹かせてもらったが
ブラスホルンのマウスピースとウッドピースでは
口当たりや唇振動の違いがあり、何だか納得。
内部構造は単純なのだけれど、いざ加工するとなると
特殊な工具を手に入れるのか自作するしかなさそうで
むむむ・・・なプレッシャーが圧し掛かる
でも面白そうだから引き受けてしまった。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
花瓶症・・・
『どこも悪くないのだから、過敏症としか言えないね。』
「花瓶症ですか、あの深くて暗い
・・・」
『ああ、気休めに漢方薬でも出しておくか。』
「この手足の痺れは一体。」
『だから気のせいだから、気にしないように
CTもレントゲンも神経検査も全部やったけれど
至って健康、何の異常もないのだから。』

健康ったって、本人が大変だと言っているのに
『気を揉まないで、何時ものように働いて宜しい。』なんて
何時ものように頑張れないから診てもらっているのに
働き過ぎだから少し休んで養生したまえ。くらいは
言ってくれてもよさそうなのに
『神経をサボらせていると、いよいよ動かなくなるぞ。』と
何時ぞやの橈骨神経麻痺の時にも言われた気がする。
002_201805081501595ae.jpg
確かに今までにも、こんな理不尽な病にとりつかれ
いつの間にか忘れたように治っているなんてことがある。
何時までも狭くて深くて暗い花瓶の底で
鬱々と悩んでいても仕方がないから
仕事しごと・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数