杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

犬猫の商い
近年、商品をいれる包装袋などに
ほんの出来心から猫の絵なんぞを
描いているのだけれど
『あたしは、猫は嫌い!』
と、露骨に顔をしかめられることもある。
そんな時は仕方がないから無地の袋に入れ替えるが
その嫌われた絵を、他のお客さんに回すのも
何だか気が引けてくるのである。
『どちらかといえば猫より犬の方が・・・。』
と、婉曲に言って頂くと
「はい、そのうち犬も練習しておきます。」と
少しは笑顔が保てるのであるが

011_2014110820594867c.jpg
そこで、モリノフイヌのお絵かき練習。
『狐ですか?』
そう言われて、ちょびっと傷つく
012_201411082100301bb.jpg

『タヌキに見えるねえ。』
またもや、少~し傷つき
010_20141108205940b12.jpg
三枚目を描いたら
随分犬らしくなってきた
と、思うのだが
・・・・・・。
011_20141109111533e6b.jpg
やっぱりモリノフイヌは、こんな形に
落ち着くのかもしれないね。

:::
平成20年に出版しているエッセイ集
「まあるいかたち。」の中から
「犬猫の商い」の章を抜粋して掲載してみた。
014_20141109073147336.jpg

浪漫ちっくエッセイ集
まあるいかたち。

ご興味のある方はクリックで拡大
013_20141109073135464.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
来ないね
今日も
来ないんだ・・・・・・
008_20130620172114.jpg
昨日届く予定だったのに
今日も届かない。
やっぱり台風のせいかな
書類在中と記入していると
航空便で送られるそうだから
東北から台風の吹き荒れる九州へは
郵便飛行機も飛べなかったのだろう。
007_20130620172104.jpg
あ。
雨の郵便配達のバイクの音

ああ、届いた。
ほっと肩の力が抜けた
恋人からの手紙でも待つ気分である
久し振りに、そんな落ち着かない
仕事も手に付かないような
ただ「待つ」という、切ない気持ちを味わった。
006_20130620172054.jpg
でも随分と長い旅だったようで
あちこち染みや打ち傷
引っ掻き傷でよれよれ
御苦労さま。
:::
今夜から明日に掛けて風雨が強くなるらしい
その間御来客も無いだろうから
じっくり原稿に目を通すことが出来る。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
野うさぎの
のんびりの時間を大切にしながら
絵本出版の準備を進めている。
出版社せいうんの竹田氏が現れたので
進行状況や細かな疑問について打ち合わせ。
002_20121217162022.jpg 
印刷の期間や表装のこと、紙の質や色、冊数、絵葉書丁数
巻末挿入のエッセイの件、プロフィール、本の帯と推奨文
頁裏のバーコードの色、デザイン及びレイアウトなど
数限りなく聞きたいことがある。
003_20121217162032.jpg 
でもこれまでの過去4冊の本とは違って
今回、挿絵は自分でやらないから
後は挿絵師の仕事が大変なわけである。
文面や言葉使いは絵が出来上がってから
それに合わせて校正、小修整するとして
それまでは夢だけ見ていれば・・・・・・
でもその夢が、時として太り過ぎて大変になる
原画展も良いなあ、出版記念に杜の舟展も良い
ならば、野うさぎのキャラクターなど作るとか
絵葉書用の写真立てや額縁を作るとか・・・
さてさて、何時どこの会場でなどと妄想に限が無い。
これまでの出版物ここから検索

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
二度目の挿絵
童話『野うさぎ用の店』の挿絵を描いて頂く
Lさんから44枚の鉛筆スケッチが送ってきた
035_20121121000814.jpg 
今夜はアルコールを控えて
何度も読み返している。
まるで無情な試験官のように
赤鉛筆片手にめくるのである。
挿絵に合わせて文章にも手を加えながら
トランキラトランペルトロイのように
少しずつでも確実に歩みを進めいる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
また一歩
青雲印刷の竹田氏から見本紙が送って頂いた
005_20120601183011.jpg 
いずれ自費出版予定の童話『野うさぎ用の店』の挿絵を
いわきの絵草紙屋Lさんにお願いしているのだけれど
淡い水彩画は、刷る紙によって色の上りが変わるから
製本用の紙を決めてから、プリンタで借刷りをしてみれば
本刷りの色上がりの状態が少しは解かるだろうと
竹田氏にお願いしていたものである。
004_20120601183019.jpg 
『野うさぎ用の店』文通ノートと一緒にLさんに送る準備
コンサートの準備があるから、送り出しは月曜日になりそう
これでまた一歩踏み出せたかな。

さてこれからコンサート会場の照明の準備ですが
明日は何人の方に来て頂けるのでしょうか
ああ、客席に穴があくと胃にも穴があきそうだ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数