FC2ブログ
杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

催促妖怪まだか・2
グラムハウスも一番面倒な階段の作業に掛かり始め
同じ姿勢でず~っと作業を続けていると
足腰肩背中腕目頭のすべてが軋んでくるので
今夜はこの辺りでお仕舞い。

005_20181113003747151.jpg

ふう~。
あと二日くらいとグラムハウスも目途が立ち
催促妖怪まだかもホッとしたようである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


妖怪まだか
催促妖怪まだかに憑りつかれ
夢の中でも仕事をしているから
目覚めた時には既に疲労困憊で
朝っぱらからウインウインと
マッサージ機にかからないと正気が出ない。
001_20181112100342ff6.jpg
此奴に憑りつかれると寝ても覚めても
シゴトをさせられている気分で
それから逃れたいと思うから
また更に轟々と仕事に励むのである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
OverHeat
モリノフ猫の部品は相当古物だから
過剰労働でオーバーヒート気味・・・
006_201811110110504ff.jpg
首を長くして待って頂いているギャラリーさんや
お客さんにお応えしていかねばと思ってはいるのだけれど
作った端から無くなってしまうように見えるのは
多分にシゴトの計画や生産性が悪いのだろうが・・・
くよくよ考えずに寝よっ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
犀さんが会わないよと言っています。
『グラムハウスの値段はこれで合うのですか?』
と尋ねられることがり、自分でもどうなのだろうと
考えることはあるのですが、手間がかかったものが
必ずしも良いものとか、美しいものだとは限らず
お客様の感じる心が一番で
、そんな感性を学び
共有できる大切な仕事のひとつだと考え

『工芸品は好いけど、お高いから。』の垣根を外し
グラムハウスは財布の底に眠っている一枚の硬貨でも
購入できるような小さな夢のカタチなのです。

003_2018110910162845b.jpg
新しい作品を生み出すのは楽しいのですが
価格を決めるのがとっても難しくて

何時も頼みの犀さんに尋ねていのですけれど
今度のグラムハウス儲伽藍については
なかなか価格の折り合いがつかず
犀さんに『会わないよ。』と
背中を向けられてしまいました。

「犀さん、会わない気持ちはわかるけれど
ね、ね。今回迄限定で。」
そんなこんなのやり取りで採算を無視して
価格が決まることもあるのです。
犀さんが会わないよ。と背中を向けながらも
『少しでも多くの人に夢を分けてあげたいんだから
大人買いしないようにね。』と言っております。
杜の舟展示室、本日11月9日金曜日開店
グラムハウス儲伽藍、並びました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
量子力学
重量の重たい大きなものほど上に出て
小さなものは箱の底に溜まっている。
これは不幸極まりない問題で箱の底に向かうに従って
小さなピースに出会うことになるのは何故?
010_20181107224456b63.jpg
何だろうねえ、底に行くに従って
グラムハウスのピースが小さいのである。
量子力学と云うのか粒子力学なのか
そんなことより、数時間磨いているうちに
非効率に小さいピースばかりに行き当たり
延々の捗らなさにパクパクと喘ぐのである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数