杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

磯鵯
ここ筑豊にも生息し河川、山間のダムなどで
見ることが出来るらしいが未だ遭遇したことが無い。

これまで遠目には青い鳥を見かけたことはあるが
この杜の舟近隣に、大きな河川や磯があるわけでもなし
多分オオルリだろうと流して確認したことはない。
003_201608171040366b0.jpg

037_20160817104530c76.jpg

このイソヒヨドリ写真は去る4月
沖縄での結婚式のさい
この硝子越しに見える海岸で撮った写真である。
 昆虫類、トカゲ、フナムシ、ムカデなどいろいろな物を喰い
隙有らばホテルの残飯などっを狙って目の前まで飛んでくる。
002_20160817104026711.jpg
磯鵯【いそひよどり】
雄は頭、胸、背は青色、腹は赤褐色で
雌は全体的に灰褐色。幼鳥は雌に似るて
もともとは海岸の岩場で繁殖していたが
筑豊の野鳥観察ガイドブックによれば近年は
コンクリート建造物の普及で内陸のビルやダム堰堤など
環境が岩場に似たところを利用して都市や工業地帯にも
進出をしているので、こんな山の中でも観察されるようだ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
空からの贈り物・浮遊感
空からの贈り物・33
「月曜日だから、しっかり仕事ができるぞ。」と思っていたら
早朝に営業日の問い合わせがあり、今日が祭日であることを知り
気分を切り替えるために、蝉しぐれの中を散策する。
彼岸峠を登りきって真新しく夏草を刈ったばかりのところで
ふわりと、ひとひらの烏の羽を見つけた。
004_2016071809381742c.jpg
 
嘴太烏右翼次列風切羽
【はしぶとがらすうよくじれつかざきりばね】

全長233㎜ 幅55㎜
初列内側から2~3枚目の羽根かとも推測してみたが
長さから考えれば次列風切羽とする方が正しいだろう。

羽の数え方は面白い。初列風切は内側を起点に
枚数を数え、次列風切は外側から順に数えるようだ。
この辺りは嘴太烏のテリトリー争いが激しいらしく
何度も羽を見つけているが、なかなか写真うつりの良い
羽が無いので、そのままお蔵入りになっている。
これは見事に奇麗だったので羽軸を左手で軽く持って
羽ばたくように風を切ってみたが、くるくると回るだけで
指先に風を感じられないから、羽根の位置と同じに
右に持ち替え、目をつぶって羽ばたいてみたら
風を切る様が五感に伝わり、軽い浮遊感さえかんじる。

人眼の気にならぬ人は、お試しあれ。
**************************
空からの贈り物・Ⅰ空からの贈り物空からの贈り物・34

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
川辺にて
所用の序でにヒヨドリの渡りを見ようと
赤池町の彦山川に行ったけれど
河川工事の騒音を警戒して姿を出さないので
下流の遠賀川まで足を延ばし
直方の河原に降りて中州を狙うことにした。
005_201510211940293a9.jpg
ここなら確実に水鳥を望める
カルガモの群に足指の黄色い小鷺と川鵜が見えた。
002_2015102119433781a.jpg
鳶が飛来して周りが、ちょっとざわつくが

間合いを持って、お互いに刺激しないようにしている。003_2015102119434827d.jpg
トンビの主翼風切り羽が折れているようだが
烏と一戦交合わせたらしい。
006_201510211949009bc.jpg
羽を乾かしている川鵜の群の傍に
カモメが一羽飛んできた。
海からだと車で40分ばかり掛かるのだけれど
カモメなら直線で来るから多分10分か15分程度で
辿り着くのだろうと思う。
この川鵜たちでさえ海岸沿いの塒から
毎朝この川の浅瀬まで出勤してくるのだから
鳥たちにとっては、たいした労ではないのだろう。

ああ、暢気に野鳥など見ている訳にもいかない
仕事しごと・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
続きを読む »
渡りの季節に
冬鳥たちの渡り来る季節
風の丘も賑やかになってきた
小鳥たちの囀りが椿の杜にこだまして
昨夜は梟の鳴き交わす声も聞こえた。
008_2015101315410993b.jpg
北からの季節風に煽られた胡桃の葉が
ツグミのような成りをして水辺に渡って来た。
:::
そんな日にHさんから
無粋な催促のメールと電話
東北の人なのにセッカチなんだから・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
空からの贈り物・烏と秋の空
空からの贈り物・32
カアカアと濁りのない声で嘴太烏が飛んでゆく。
烏には秋の夕暮れの方が似合うと思うのは
何故だろうと考えながら
、早朝の散策中
彼岸峠の近くで烏の羽を見つけた。
ゴミ収集所の近くに落ちているなら大抵は嘴太烏の羽であろう
嘴細烏は少し人との距離を置いて生活しているらしく
ゴミ箱をあさる姿は見かけない。
007_201509280858250d0.jpg
嘴太烏左翼次列風切羽
【はしぶとがらすさよくじれつかざきりばね】

全長205㎜ 幅60㎜
009_20150928085842f97.jpg
よくも、こんなもので空を飛べるものだと感心しながら
烏の体重が気になって来たから調べてみた。
嘴細烏は体長45㎝~55㎝で体重400g~700g
嘴太烏は一回り大きく体長53㎝~60㎝で
体重は520g~1100gとあった。
1kgの砂糖袋に羽根をつけて飛ばすようなものだと
比較にならないことを真剣に考えてみる。
010_201509280913597cb.jpg
透かして見ると軽量化のために羽軸は
中空になっているのが解る。
008_20150928085833af5.jpg
これは裏側からの写真であるが
011_20150928091351f1f.jpg
その裏側の羽軸を見てみると
羽ばたきに方向に合わせて窪みがあるのが見えるが
これは補強のためのリブ構造になっているらしい。

**************************
空からの贈り物・Ⅰ空からの贈り物空からの贈り物・33

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

・morinofune・

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数