杜の舟型録帳/木工芸・童話・小説

永峯さんから
年末に知人と、隣町から訪ねて来られたことがあり
その記憶を頼りに、タクシーの運転手さん共々
不案内な道を迷いまよい、小一時間かけて

「春の夢ひらき」に
御来店頂いた
永峯さんから、お礼のメールを頂く。
剛司3
鴨のプッカちゃんとタマゴを
和菓子のように盛りつけ
剛司6
テーブルの真ん中に飾ってあるらしい。
剛司1
以前年末に御来店の折に購入頂いていた
ブローチの包装袋も額に入れて飾って頂いているとか
ちょっと気恥しくも頬が弛む。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
竹輪の友と
ただいま
10月15日・16日
勝手ながらお休みを頂いていました。

旧知の友人たちと心身への
栄養補給トラベルにでかけていました
040_20161017094504c78.jpg
少しばかり誇張した表現ではあるが豊前海を牛耳る廻船問屋のWと
芦屋の荘園主Aとは
彼是40数年来の友人である。
024_20161017094658598.jpg
しかし、長い付き合いだからと言って
幼馴染とか、竹馬の友というのでもない
025_20161017094706bd9.jpg
竹馬の友のようには節目もなく
ただ長いだけで中身のない付き合いだから
強いて言うなら竹輪の友であろう。
026_201610170947165eb.jpg
竹輪のようにお互い見透かされて
隠し事も出来ないから
案外こういうのが
長い付き合いの秘訣でもあろう

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
睡蓮の夢
朝から
しとしと雨
かと思えば
ぼんやりと
眠たげな陽射し
011_2016052822405777d.jpg
暑いというのでもなし
肌寒くもなしやと
工房に入れば
ぢわりと薄い
油膜のような汗をかき
大気も重たく
そんな深海魚の日には
睡蓮がよく似合う
012_20160528224121ac3.jpg
天気模様のように
御客様も
ぽつり
ぽつりで
工房を行ったり
来たり
その度に
脱いだ靴が
裏返る
013_2016052822413135b.jpg
昼下がりには
展示室の窓辺で
白ワインのような
紅茶を飲んで

甘い溜息・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
五月五日
『お節句に御祝いをあげたいのだけれど
雛人形はあるのに、どうして五月人形はないのですか
鯉のぼりとか兜なんかでも良いんです。』
一気に、まくし立てられてもこちらにも都合がある
これ以上季節作品の種類を増やしていると
それらを追いかけているだけで一生が終わってしまう。
011_20160505104521d68.jpg
そう思ったけれど、何時もの杜の舟スマイルで
・TSUMIKIT・101を使って兜を組み立ててみた。
上手い具合に大喜びで購入して帰られた
・・・しめしめ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
朝の光の中で
昨日の朝方まで
塗装室に籠っていたから
さすがに「疲れた。」と口をついては出るが
身体の疲労感よりもむしろ
ひと仕事済んだなという安堵感の方が大きい。
昨日の夕方、もう展示室を締める時分に
滑り込みで大宰府のMさんがご来店
他のお客様と重なることもないから
久し振りに紅茶を入れて窓辺で星語り。

今日出来たてのどんぐりのペンダント
迷ってまよって、とうとう選びきれずに
二個ご購入頂き
薄っすらと銀河の流れる
星空の中を帰って行かれた。
006_20150919110039259.jpg
昨夜放ったままになっていた
カップを洗っていると
透明な朝日が差し込んできて
はじけた飛沫が光っている。
ああ、昨日のMさんも
こんなきらきらした笑顔だったね。

goodmorning


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
プロフィール

プロフィール写真
0000morinof00000000000 福岡県筑豊の小高い丘の上に棲息工房「杜の舟」を生業としながら小説・児童文学などを執筆

カテゴリ
最新記事
リンク
来場者数